>

バックアップをとろう

外付けメディアへの保存

写真を一つのメディアにのみ保存していると、常に消えてしまうリスクが着きまとうことになります。
例えば、デジタルカメラの中のSDカードにのみ保存していれば、そのカメラをどこかに置き忘れたり盗まれたりして紛失してしまえば入っている写真ごと失ってしまいます。
海外旅行の場合だと盗難の憂き目に遭う可能性はそれなりに考えるべきです。
また海岸で撮影していてカメラが海に落ちてしまうなんてことも考えられます。
そういった物理的、ハード面の原因による写真の喪失だけではなく、ソフト面の原因による喪失にも注意が必要です。
静電気などにより突然データが消えてしまったなんてケースもありますし、さらになんの前触れもなく突然データが消えてしまうなんていう惨劇もあります。
そのため、撮影した写真は極力定期的にバックアップをとるようにしましょう。

パソコンでのバックアップのリスク

さて、それでは撮影した写真を保存するメディアとしては何が適しているのでしょうか。
最も定番といえるのは、パソコンのハードディスクでしょう。
他のメディアに保存しようとしても、大抵パソコンを経由するため最も手軽であるともいえます。
しかし、パソコンに保存することは大きなリスクが伴います。
パソコンの他のほとんどのメディアと異なっている特徴は、インターネットのネットワークに接続されていること、またコンセントを介して電線に接続して利用したり充電したりするケースが多いことです。
ネットワークに接続されているというのは大きなメリットでもあるのですが、ウイルスに感染してデータが失われる、もしくはデータを消さざるを得ない状況に陥ることがあります。
またコンセントに刺さっているということは、落雷などによって故障しかねないというリスクを伴っています。
筆者は以前、買ったばかりのWiiを雷に壊されてしまった経験があります。


この記事をシェアする